【寒干し大根(1~2本入り)】

g-006

寒干し大根(1~2本入り)

(g-006)

会津の保存食。歯ごたえとともに溢れ出る浸みこんだ旨み味

 

雪国の昔から伝わる保存食。皮をむいた大根を丸ごとゆでてから1ヶ月ほど軒下に干します。大根は気温のぐんと下がる夜にカチカチに凍り、昼の日差しで溶けて水分が抜けるということを繰り返して、干しあがっていきます。ちょうどあめ色になる頃、大根独特の甘みが増して美味しくなります。食べ方:二時間ほど水で戻し、お好みのサイズにカットした後、煮物やみそ汁などにご使用ください。切り干し大根との違いは、なんといっても甘みと食感。大きめ薄め、ひらひらした感じ。煮てもパリパリ感が残っていて、噛み続けると浸み込んだうま味があふれ出ます。その年の大根の大きさや出来により、内容量の変動がございます(1~2本)

 

在庫状態 : 売り切れ
¥345 ¥320(税込)
只今お取扱い出来ません